LBL Tools

図1 Lawrence Berkeley National Laboratoryで公開されているソフトウェア

図1にはLawrence Berkeley National Laboratoryで公開されているソフトウェアとそのデータの流れを示しています。開口部はフレームとガラスが組み合わされた部材で、光、熱環境に影響します。そこで、IGDBからガラスのデータを参照し、THERMでフレーム部分の伝熱解析を行い、それを、Windowに集めシミュレーションのデータを作成します。

IGDB:Database of glazing materials (http://windows.lbl.gov/materials/igdb/

CGDV:Database of complex glazing materials (http://windows.lbl.gov/software/CGDB/

Optics:Analyze glazing optical properties (https://windows.lbl.gov/software/optics/optics.html

THERM:Analyze two-dimensional heat transfer through building products (http://windows.lbl.gov/software/therm/therm.html

Window:Analyze window thermal and optical performance (http://windows.lbl.gov/software/window/window.html

COMFEN:Calculate the heating and cooling energy ue of windows in commercial buildings (https://windows.lbl.gov/software/comfen/comfen.html

RESFEN:Calculate the heating and cooling energy use of windows in residential buildings (https://windows.lbl.gov/software/resfen/resfen.html

Design / Simulation toolsにはDOE-2、EnergyPlus、Radiance、ESP-r、そしてTRNSYSなど有名なシミュレーションソフトが含まれています。ですから、シミュレーションをするにはWindowは避けて通れないソフトウェアであると言えます。

Windowの使用方法は小玉、武政、宮岡、松元著「ESP-rとRadianceによる建築環境シミュレーション入門」(オーム社)にも概要を記しています。今後、使用方法をまとめ公開する予定です。

© Koji Takemasa (Ph.D.) 2014